Case Study

ダイセルがAspen Polymers™で実験回数を削減 し、イノベーションを加速

競争の激しい市場でビジネスを成長させるために、大阪に本社を置く化学品メーカーのダイセルは、特定の市場の需要を満たすために狭い分子量分布を持つポリマーを開発する必要がありました。この事例では、ダイセルがどのようにアスペンポリマーを使用してカスタムRAFT重合モデルを開発したかをご覧頂けます。このモデルにより、お客様はプロセス条件を最適化し、実験コストを削減できるようになりました。これにより、次の利点がもたらされました。

Case Study

Daicel Accelerates Innovation and Reduces the Number of Experiments with Aspen Polymers™

In order to grow its business in a highly competitive market, Daicel, a chemicals manufacturer headquartered in Osaka, needed to develop polymers with narrow molecular weight distributions to meet a specific market demand. Read how Daicel used Aspen Polymers to develop a custom RAFT polymerization model. This model enabled our customer to optimize process conditions and reduce experimental costs, which provided the following benefits:

Page 1 of 1