ダイセルがAspen Polymers™で実験回数を削減 し、イノベーションを加速

競争の激しい市場でビジネスを成長させるために、大阪に本社を置く化学品メーカーのダイセルは、特定の市場の需要を満たすために狭い分子量分布を持つポリマーを開発する必要がありました。この事例では、ダイセルがどのようにアスペンポリマーを使用してカスタムRAFT重合モデルを開発したかをご覧頂けます。このモデルにより、お客様はプロセス条件を最適化し、実験コストを削減できるようになりました。これにより、次の利点がもたらされました。

 

  • 実験回数の70%削減
  • 研究期間が22 日間から3 日間 に短縮
  • 製品開発プロジェクトに必要な意思決定を技術面とコスト積算面から支援

ダイセルがAspen Polymers™で実験回数を削減 し、イノベーションを加速

Why we collect this data:

AspenTech is collecting and may process your personal data for a variety of reasons related to our business and our ability to deliver the best possible products, customer support service and overall user experience. Accordingly, we may use your personal data to administer research surveys, to accurately deliver contracted services, to register you for events, to understand your preferences and to detect and prevent any fraudulent or unauthorized activities. Please refer to AspenTech’s Privacy and Security Policy, which is available here, for more information regarding our collection and processing of your personal data.

ダイセルがAspen Polymers™で実験回数を削減 し、イノベーションを加速

Hello . If this is not you

Thank you for downloading this resource

If your download did not begin click here