Leadership

Antonio Pietri

Antonio Pietri

社長兼最高経営責任者(CEO)

Antonio Pietriはアスペンテックの社長兼CEOであり、取締役会のメンバーでもあります。Pietriは、社長兼CEOの現職に就任する以前、ワールドワイドフィールドオペレーション担当取締役副社長として、グローバルセールス、セールスオペレーション、プロフェッショナルサービス、およびカスタマーサポート&トレーニングを率いていました。さらに、シンガポールおよび中国・北京を拠点として、アジア太平洋の地域オペレーションを担当する上級副社長兼マネージングディレクターとしての経験もあります。

Pietriは、1996年のSetpoint, Inc.社の買収に伴ってアスペンテックに入社しました。Setpointでは、幅広いセールス、サービス導入、およびコンサルティングの役割に従事し、その際ヨーロッパの石油精製所およびプロセス製造現場におけるアスペンテックソリューションの統合を監督しました。2002年に、ビジネスコンサルティング担当副社長としてシンガポールに異動となり、その後アジア太平洋リージョンのマネージングディレクターに昇進しました。Pietriは、製油所向けの高度制御と多変数コントローラーに焦点を当てたアプリケーションエンジニアとして、ABB Simconでキャリアをスタートさせました。

Pietriは、タルサ大学の化学工学諮問委員会の委員を務めています。 2017年に化学工学のMITウォーレンK.ルイスレクチャーシップに選ばれており、業界のイベントでも頻繁に講演を行っています。 Pietriはヒューストン大学でMBAを、タルサ大学で化学工学の理学士号をそれぞれ取得しています。

David Arbeitel

David Arbeitel

製品管理担当上級副社長

David Arbeitelは、アスペンテックの製品管理担当上級副社長であり、会社の製品管理と戦略を担当しています。 

製品管理、戦略、エンジニアリングなどの製品チームを35年以上指揮しており、直近ではOpenTextに在籍し、製品管理担当副社長として、ビジネスネットワーク、OpenTextクラウド、セキュリティ、LegalTech、人工知能ソリューションの製品管理と戦略を主導していました。

また、CA Technologiesの製品管理担当副社長として、クラウドサービスプロバイダー、エンタープライズ、IDおよびアクセス管理ソリューションの製品管理と戦略を主導しました。

CA Technologiesの前は、Lumeta、ION Networks、およびVisual Networksで最高技術責任者の役割を担い、AvestaTechnologiesで共同創設者兼最高技術責任者を務めました。また、Morgan Stanley、Shearson Lehman Hutton、Amerada Hess、およびRCA-AmericanCommunicationsで上級エンジニアリング職を歴任しました。 
Davidはボストン大学の電気工学でMBAと科学修士を、スティーブンス工科大学で電気工学の工学士を取得しています。
Chantelle Breithaupt

Chantelle Breithaupt

Chief Financial Officer

Prior to AspenTech, Chantelle spent 7 years with Cisco Systems Inc. She held multiple leadership positions, most recently as Senior Vice President, Finance driving the Cisco financial transformation to a recurring revenue business model. In addition, she was the CFO responsible for delivering compliant growth for the $13B Cisco Customer Experience divisional business. Previous roles at Cisco include Vice-President, Finance Americas where Chantelle led the $25B Americas division, partnering with the SVP, Americas Sales.

Before Cisco, Chantelle worked with GE where she held progressive, executive global finance roles. She drove finance and business performance by building winning teams, establishing strong partnerships, processes, and accountability. Through her 15 years with GE, Chantelle completed 3 executive finance leadership programs, worked 10 years in Europe and specialized in both Services and Operations/Supply Chain finance. She is Lean/6-Sigma Black Belt trained, and a champion for diversity leadership development.

Chantelle holds an Honors Business Administration degree from Wilfrid Laurier University (Canada) and is on the Dean’s Advisory Council for the Lazardis School of Business & Economics, WLU.

Willie Chan

Willie K. Chan

最高技術責任者

Willie K. Chanは1982年にアスペンテックに入社し、最高技術責任者を務め、化学および精製プロセスのパフォーマンスを最適化するためのコンピューターソフトウェアソリューションの開発において35年以上の経験を果たしてきました。この役職ではアスペンテック製品の技術戦略、研究開発、品質保証機能をグローバルに指揮しています。

Chanは、後にアスペンテックとなるマサチューセッツ工科大学ASPEN研究プログラムのメンバーでした。そして社内でさまざまな上級技術および管理職を歴任してきました。 最近では、技術担当上級副社長を務め、マサチューセッツ州ベッドフォード、テキサス州ヒューストン、中国の上海におけるアスペンテックのR&Dセンターオブエクセレンスの設立を主導しました。彼はまた、分子モデリング、固体プロセスシミュレーション、硫黄回収モデリング、プロセスの安全性、ドック/パイプラインスケジューリング、機械学習、その他のテクノロジーをaspenONEスイートに組み込んで、aspenONEソフトウェア製品の統合を推進しました。また、次世代ユーザーインターフェースの開発、アクティベーションワークフロー、その他の技術進歩も監督しました。

それ以前、Chanは、HYSYS製品ファミリーの統合や、Aspen Engineering Suiteの開発など、アスペンテックでエンジニアリング製品のR&Dリーダーとして多数の役職を歴任しています。彼のアスペンテックでのキャリアは、分離および石油技術の開発を主導することにより始まりました。

Chanは、マサチューセッツ工科大学で化学工学の理学修士号と理学士号を取得しています。

Manish Chawla

Manish Chawla

Chief Revenue Officer

Manish Chawla is the Chief Revenue Officer for AspenTech, responsible for aligning teams, processes and systems to successfully scale the organization with best-in-class profitability.

Manish is an experienced technology executive, most recently working as the Global General Manager, Industrial Sector, at IBM. In this role, his scope was broad, leading the IBM portfolio growth across a rapidly transforming set of industries that spanned Automotive, Electronics/High Tech, Aerospace & Defense, in addition to his many years of leading Energy, Resources and Manufacturing industries. He co-led IBM’s work around Energy Transition, Sustainability and Industry 4.0 including IBM’s focus on hybrid cloud and the Industrial Edge for Manufacturing and Resources.

Prior to joining IBM in 2008, Manish worked at BearingPoint (formerly KPMG Consulting) from 1999 to 2007 and consulted with several global clients on a variety of transformation initiatives at scale. Before joining KPMG in 1999, Manish worked with Accenture in India and the UK for three years and was focused on manufacturing cost reduction projects as well as ERP implementations.

Manish earned his bachelor’s degree in Computer Engineering from the Delhi College of Engineering and immediately matriculated at the Indian Institute of Management, Ahmedabad where he obtained his MBA.


Frederic Hammond

Frederic G. Hammond

上級副社長兼法務顧問

Frederic G. Hammondは、2005年に上級副社長、法務顧問、参事としてアスペンテックに入社し、コーポレートガバナンスと法務に関するグローバルな責任を担っています。Hammondは、公企業の法務顧問およびグローバルな運用および取引において20年以上の経験があります

アスペンテックの前は、ボストンの法律事務所のパートナーとして、SECの開示やその他の公企業およびテクノロジーの問題を扱っていました。それ以前は、インターネットパフォーマンス測定およびベンチマークテクノロジーサービス会社であるGomez Advisors, Inc.のビジネスアフェアーズおよびゼネラルカウンセルの副社長であり、企業財務、M&A、企業および債権者のリストラチャリング、商業契約管理を担当していました。

以前、デジタルビデオおよびオーディオ編集、特殊効果、制作ソリューションで国際的リーダーとして広く知られるAvid Technologyの法務顧問を、Ropes&Grayの法律事務所の企業部門のメンバーを務めていました。Hammondはボストンカレッジロースクールを最優秀の成績で卒業し、エール大学を卒業しています。

Stuart Harris

Stuart Harris

Senior Vice President, Strategy

Stuart Harris is the Senior Vice President, Strategy for AspenTech, responsible for leading strategy development and delivering sustained and differentiated performance. He also leads the company’s Environmental, Social and Governance (ESG) program and its investor relations function.

Stuart has extensive international experience in automation and asset management within the process industries, including leading strategic planning, global marketing, digital strategy and industry programs. Most recently, he worked as Group President, Digital Transformation for Emerson’s Automation Solutions business, an $11.4B enterprise. While at Emerson, Stuart also led the company’s Plantweb Optics business, the integrated platform for data management and analytics.

Stuart earned a Higher National Certificate, Business and Finance from De Montfort University, in addition to a Postgraduate Diploma in Marketing Management and a Master of Science degree in Marketing, from Staffordshire University.

Glover Lawrence

Glover Lawrence

企業開発担当上級副社長

Glover Lawrenceは、アスペンテックの企業開発担当上級副社長であり、当社の企業開発および事業計画プロセスを担当しています。以前は、投資銀行業務およびハイテク環境でさまざまな企業開発の役割を務め、直近ではAvid Technologyに在籍していました。Avidでは買収戦略を主導し、会社の戦略的計画プロセスを管理し、経営幹部および取締役会と緊密に協力しました。

Lawrenceは、Morgan Stanleyで金融アナリストとしてキャリアをスタートさせ、化学および製造業界の企業を含む多くのクライアントの合併および買収分析を行いました。Hambrecht&Quist(現在はJPMorganの一部)では、買収、売却、合弁事業などの戦略的取引についてクライアントに助言し、Oracleではベンチャーファンドのマネージングディレクターを務めました。また、Avidに入社する前は、国際的な投資銀行顧問会社であるMcNamee Lawrence&Co.を共同設立し、5年間マネージングディレクターを務めました。

Lawrenceは、エール大学で学士号を取得し、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得しています。

Skip Maloney

Skip Maloney

上級副社長兼最高人事責任者

Skip Maloneyは、2018年に上級副社長兼最高人事責任者(CHRO)としてアスペンテックに加わりました。彼は、アスペンテックが新たな成長期に進化するにつれ、組織文化のソートリーダーシップなど、会社の多様なグローバル従業員の育成とエンゲージメントを担当しています。この戦略をサポートするために彼が実施しているイニシアチブには、アスペンテックの革新と実行の強力な歴史をベースとした差別化された人材モデルとアジャイルな組織手法が含まれます。Skipには、エグゼクティブコーチング、予測分析、タレントマネジメント戦略に特に重点を置いて、グローバルな労働力の成果を最適化するためのクリエイティブなソリューションを率いてきた25年以上の経験があります。

アスペンテックの前は、アプリケーション、ネットワーク、サイバーセキュリティのパフォーマンス管理ソフトウェアを提供する15億ドルのプロバイダーであるNetscout Systems, Inc.で最高人事責任者を務めていました。CHROとして、40か国以上にオフィスを持つ3,000人以上の従業員を擁するグローバル組織の人事戦略を設計および主導しました。Netscoutで、彼は複数の買収によってもたらされたさまざまなチームと組織を同化させるための陣頭指揮を執り、組織設計戦略を主導して、より統一されたエグゼクティブリーダーシップチームを作り上げました。

以前は、Lake Region Medicalの人事担当副社長であり、全体的なHR戦略を担当していました。彼はまた、Brooks AutomationおよびMercury Computer Systemsで人事部門を率い、認定プロフェッショナルエグゼクティブコーチを務めています。

Nicole Rennalls

Nicole Rennalls

Vice President and General Manager, AIoT Solutions

Nicole Rennalls joined AspenTech in 2022 and serves as Vice President and General Manager, AIoT Solutions. AspenTech’s AIoT Hub provides flexible data mobility and integrated data management, edge and cloud infrastructure, and a production-grade AI environment to build, deploy and host at enterprise speed and scale, empowering our customers to get actionable insights faster than ever with our next-generation industrial AI solutions.

Prior to AspenTech, Ms. Rennalls was President of Global Traffic Technologies, a subsidiary of Vontier Corporation and maker of traffic priority control systems for municipalities worldwide. She also held leadership positions at Tektronix and Eaton Corporation.

Based in our Houston, TX office, Ms. Rennalls is passionate about inclusion and diversity. As chair of ID&E at Vontier, she helped set their equality goals and implement a multi-year strategy. She brings this focus to AspenTech, along with emphasis on customer insight, innovation, team development and continuous improvement.

She holds a BS in Electrical Engineering from Georgia Institute of Technology and an MBA from Harvard Business School.

Lawrence Schwartz

Lawrence Schwartz

上級副社長兼最高マーケティング責任者

Lawrence Schwartzは、2018年に上級副社長兼最高マーケティング責任者(CMO)としてアスペンテックに加わりました。彼はコーポレートマーケティングの責任者で、これまで成長企業において20年以上に渡り世界クラスのマーケティング組織を構築してきた経験を持ちます。

直近では、80か国以上で事業を展開している70億ドルのソフトウェアおよびクラウドポートフォリオ管理会社であるSoftwareONEでCMOを務めました。SoftwareONE在籍中、彼はマスコミと業界の認識を高め、多様なデジタル需要創出ポートフォリオを構築し、新しいブランディングとメッセージングを展開し、複数の国際イベントを主導し、さまざまなフォーラムでソートリーダーシップを開発し、市場にいくつかの新しい製品を立ち上げました。SoftwareONEの前は、企業向けの情報可用性ソフトウェアソリューションの大手プロバイダーであるAttunityのCMOを務めていました。それ以前は、EMC、E Ink Corporation、Tokutekでマーケティングおよび製品管理の上級職を歴任しました。

Schwartzは業界のカンファレンスで人気のある講演者であり、数多くの出版物で引用されています。彼はハーバードビジネススクールでMBAを取得し、マサチューセッツ工科大学で機械工学の理学修士号を取得し、同じくマサチューセッツ工科大学で航空宇宙工学の理学士号を取得しています。