Board of Directors

Antonio Pietri

Antonio Pietri

社長兼最高経営責任者(CEO)

Antonio Pietriはアスペンテックの社長兼CEOであり、取締役会のメンバーでもあります。Pietriは、社長兼CEOの現職に就任する以前、ワールドワイドフィールドオペレーション担当取締役副社長として、グローバルセールス、セールスオペレーション、プロフェッショナルサービス、およびカスタマーサポート&トレーニングを率いていました。さらに、シンガポールおよび中国・北京を拠点として、アジア太平洋の地域オペレーションを担当する上級副社長兼マネージングディレクターとしての経験もあります。

Pietriは、1996年のSetpoint, Inc.社の買収に伴ってアスペンテックに入社しました。Pietriは、Setpointで、幅広いセールス、サービス導入、およびコンサルティングの役割に従事し、その際ヨーロッパの石油精製所およびプロセス製造現場におけるアスペンテックソリューションの統合を監督しました。2002年に、Pietriはビジネスコンサルティング担当副社長としてシンガポールに異動となり、その後アジア太平洋リージョンのマネージングディレクターに昇進しました。

Pietriは、製油所向けの高度制御と多変数コントローラーに焦点を当てたアプリケーションエンジニアとして、ABB Simconでキャリアをスタートさせました。Pietriはヒューストン大学でMBAを、タルサ大学で化学工学の理学士号をそれぞれ取得しています。

Jill Smith

Jill Smith

Board Chair

Jill Smith brings more than 20 years of significant international business leadership, most recently serving as President and Chief Operating Officer and director of Allied Minds plc, an intellectual property commercialization company for technology and life sciences. Previously, she served as Chairman, Chief Executive Officer, and President of DigitalGlobe Inc., a global provider of satellite imagery products and services.

Ms. Smith has served as President and Chief Executive Officer of eDial, a VoIP collaboration company, and President and Chief Executive Officer of SRDS, a business-to-business publishing firm. Ms. Smith began her career as a Consultant at Bain & Company, where she rose to Partner, before taking leadership roles with Sara Lee in France, and becoming Executive Vice President and President and Chief Operating Officer of Micron Electronics, a direct to consumer PC manufacturing firm.

Ms. Smith holds a M.Sc. in Management from MIT Sloan School of Management and currently serves on the Board of Directors for R1 RCM, a technology-led revenue cycle management company, Circor International, a flow control, engineered products producer, and MDA, a space technology developer and manufacturer, as well as several other privately held technology companies.

Dr. Tom Bradicich

Dr. Tom Bradicich

Tom Bradicichは現在Hewlett Packard Enterprise(HPE)における副社長、Hewlett Packardフェロー、およびEdge and IoT Labs & CoEのグローバルヘッドを務めています。現在の役職に就く以前は、HPEのVPおよびゼネラルマネージャーであり、サーバー、エッジ& IoTシステムおよびソフトウェアのグローバル部門を率いて、P&L、ワールドワイドセールス、R&D、およびカスタマーエクスペリエンスを担当していました。Bradicichは、パートナーと顧客のコラボレーションのためのHPEの3つのグローバルなIoT Innovation Labの創設を指揮しました。HPEの最初の企業IoT戦略の取り組みを指揮した後、Bradicichと彼のチームは、HPEをオペレーショナルテクノロジー(OT)およびIoTプラットフォームソフトウェア市場における新たな事業へと促し、IoTおよびインテリジェントエッジ専用に設計された製品ラインを発表しました。

Bradicichは、HPE以前は、OT企業であるNational Instruments(NI)のコーポレートフェローであり、NIのBig Analog Data™およびシステム管理と信頼性のイニシアチブを開始および指揮しました。

Bradicichは、IBMでキャリアを開始し、IBMフェロー、副社長、ディスティングイッシュト・エンジニア(技術理事)、およびCTOを歴任し、IBMアカデミー会員に選出されました。企業や業界を越えたチームを率いて、データセンター向けのコンバージドシステムという新しい製品カテゴリの開発を主導し、テクノロジーの移転と収益化のためのシステムであるIBM Personal Systems Instituteを共同設立および監督し、IBMのCEO直属のいくつかの企業戦略を指揮しました。

Bradicichは電気工学の学士、修士、および博士号を取得し、コンピューターアーキテクチャとITシステム設計のいくつかの特許を取得しています。また、ノースカロライナ州立大学Alumni Hall of Fameのメンバーでもあります。また、フロリダ大学の諮問委員会およびDiversity and Inclusion Committeeのメンバーであるほか、救世軍のパートナーシップのためのHPEエグゼクティブスポンサーであり、チャリティー組織sockrelief.comの創設者でもあるなど、STEM教育やチャリティーイニシアチブの分野でも活動しています。

Don Casey

Don Casey

Caseyは、2004年以来、当社の経営陣のメンバーです。2001年以来、Caseyはテクノロジー企業と金融サービス企業に対する情報戦略および業務コンサルタントとして活躍してきました。2000年から2001年にかけては、インターネットインフラストラクチャサービスプロバイダーであるExodus Communications, Inc.の社長兼最高業務執行責任者(COO)を務めました。1991年から1999年には、Wang Global, Inc.の最高技術責任者(CTO)兼社長を務めました。それ以前はLotus Development Corporation、Apple Computer, Inc.、およびInternational Business Machines Corporationにおいて経営幹部のポジションに就いていました。Caseyはセント・フランシス大学で数学の理学士号を取得しています。

Karen Golz

Karen Golz

Karen Golz joined the Aspen Technology board of directors in March 2021. Golz is a retired partner of Ernst & Young (EY), where she held various senior leadership positions during her 40-year tenure, including most recently, Global Vice Chair, Japan (2016-2017). In addition to accounting, financial reporting and audit expertise, Golz brings considerable experience in international and regulatory matters. As Global Vice Chair of Professional Practice (2010-2016), Golz oversaw accounting, auditing, regulatory, tools and methodologies and supported innovation within EY’s Global Assurance practice. Prior to that, Golz held the Americas and Global Vice-Chair of Professional Ethics/Independence.

Karen Golz is a board and audit committee member of Analog Devices, Inc. and Osteon Holdings/Exactech.  She is senior advisor to The Boston Consulting Group’s Audit and Risk Committee and is a National Association of Corporate Directors (NACD) Board Leadership Fellow and sits on the Board of Trustees of the University of Illinois Foundation. She earned her Bachelor of Science degree in Accountancy, summa cum laude, from the University of Illinois, Urbana-Champaign and is a certified public accountant.

Amar Hanspal

Amar Hanspal

Amar Hanspalは現在Bright MachinesのCEOです。同社は、ロボティクス、マシンビジョン、および機械学習ソフトウェアを組み合わせたファクトリーオートメーションに注力しています。技術革新とオペレーショナルエクセレンスを推進する30年以上におよぶ経験を持ち、Autodesk, Inc.やRedSparkといったブランドにおいて世界的規模でデジタル変革を主導してきました。HanspalはAutodeskの共同CEOとして、同社がオンプレミステクノロジーとソフトウェアライセンスモデルから、SaaSベースの製品およびサブスクリプションモデルに移行するよう貢献してきました。共同CEOに就任する前は、最高製品責任者(CPO)、プラットフォームソリューションおよび新興ビジネス担当上級副社長、およびコラボレーションソリューション担当副社長などの職務を遂行しました。

Autodeskの前は、RedSparkの共同創設者兼マーケティングおよびビジネス開発担当副社長を務めました。同社は、ディスクリート型製造業界のためのコラボレーティブな製品開発アプリケーションに重点的に取り組んでいました。

Hanspalはムンバイ大学で機械工学の学士号を、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で機械工学の修士号を取得しています。また、スタンフォード大学のエグゼクティブマネジメントプログラムを修了しており、BeyondTrustの取締役を務めています。

Gary Haroian

Gary E. Haroian

Gary E. Haroianは2003年以来、当社の経営陣のメンバーです。また、現在クラウドベースのビデオ向けサービスのプロバイダーであるBrightCove Inc.の取締役会長も務めています。それ以前には、バッテリーシステム会社であるB456 Systems, Inc.(旧称A123 Systems)、およびサーバーアプライアンスソリューションプロバイダーであるNetwork Engines, Inc.の取締役を務めました。他にも、ソフトウェアアプリケーションツールのプロバイダーであるBowstreet, Inc.の最高財務責任者(CFO)、最高業務責任者(COO)、およびCEOなどの役職、ネットワーク管理ソフトウェア会社であるConcord Communications, Inc.の財務および経営担当上級副社長兼CFO、継続的可用性ソリューションプロバイダーであるStratus Computer, Inc.のCFO、社長、COO、CEOなどの役職を歴任しています。Haroianはマサチューセッツ大学アマースト校で経済学の学士号と会計学の経営学士号を取得しています。

Adriana Karaboutis

Adriana Karaboutis

Adriana Karaboutisは現在National GridのグループCIO(最高情報責任者)およびCDO(最高デジタル責任者)であり、グループ全体のデジタル戦略、情報システムおよびサービス、デジタルセキュリティおよびリスク、そして全体的なセキュリティを統括しています。そのキャリアにおいて、KaraboutisはBiogen Inc、Dell Inc、General Motors Corporation、およびFord Motor Companyなどいくつかの国際的なブランドのデジタル変革を指揮してきました。KaraboutisはBiogenにおけるテクノロジー、ビジネスソリューション、およびコーポレートアフェアーズ担当取締役副社長として、中核となる情報テクノロジー戦略を通して新薬の発見、開発、および納入プロセスにまたがって利益を創出する機能を構築するための業界をリードするデジタルパートナーを導入しました。

Biogenの前は、Dellの副社長兼グローバルCIOとして、技術革新と継続的なビジネスプロセスの改善の文化を推進することに尽力しました。Karaboutisは、General MotorsとFordで上級幹部としての国際的な職務を担い、コンピューター統合生産とサプライチェーン管理における豊富な経験を有しています。Karaboutisは20年以上にわたって、テクノロジーによる技術革新に集中的に取り組み、複雑な製造およびプロセス業界においてビジネス変革を推進してきました。

Karaboutisはウェイン州立大学でコンピューターサイエンスの学士号を取得しています。Karaboutisはアスペンテック社の独立取締役に加えて、Perrigo Company plcの取締役も務めています。また、以前にはAdvance Auto Parts, Inc.およびBlue Cross Blue Shield of Massachusettsの取締役も務めました。

Georgia-Keresty

Georgia Keresty

Georgia Kerestyは規制の厳しい製薬およびヘルスケア業界における35年以上におよぶ経験を持ち、オペレーショナルエクセレンスと技術革新を推進するサイエンティフィックリーダーとして強固な評判を築いてきました。タケダ、Johnson & Johnson、Bristol Myers Squibb、およびNovartisにおける経営幹部としての役割を含むキャリアを通して、20か国以上におけるオペレーションを担当し、1億5,000万ドル規模のR&D提携を指揮して、アルツハイマー病の治療および予防のための新しい治療法を開発してきました。

アスペンテック社の取締役に加えて、現在ESOPグローバルエンジニアリングサービス企業であるCommissioning Agents, Inc.の独立取締役を務めています。また、これまでJanssen Alzheimer Immunotherapyの役員会、ニューヨーク州ポツダムのクラークソン大学の評議員会、およびNJ Foundation for Agingの評議員会のメンバーを歴任してきました。現在、タケダR&DのCOOを務めています。

Kerestyは、化学工学とコンピューターサイエンスの理学士号、情報システムの理学修士号、オペレーションマネジメントのMBA、オペレーションマネジメントの博士号、およびグローバルヘルスリーダーシップの公衆衛生学修士号を取得しています。

Robert Whelan

Robert M. Whelan, Jr.

取締役会長

Robert M. Whelan, Jr.は、35年以上におよぶ企業金融と投資銀行の経験を携えてアスペンテックの取締役会に加わりました。2001年以降、WhelanはWhelan & Company, LLCの社長を務め、テクノロジー、ヘルスケア、および代替エネルギー業界の公共・民間の両企業に対して財務コンサルティング、評価および戦略に関するサービスを提供してきました。

1999年から2001年にかけては、Prudential Volpe Technology Groupの副会長を務めました。同グループは、1999年にPrudential SecuritiesがVolpe Brown Whelan & Companyを買収した際に、Prudential Securitiesのテクノロジー投資銀行業務および調査部門として設立されました。それ以前は、テクノロジーおよびヘルスケア企業のための投資銀行業務、仲買業務、および資産管理を行う民間企業であるVolpe Brown Whelanのシニアエグゼクティブでした。また、その前にはPrudential SecuritiesのNew York Regional and High Technology Groupsにおけるマネージングディレクター、およびHambrecht & Quist, Inc.のマネージングディレクター兼コーポレートファイナンス担当主任を歴任しています。

Whelanはダートマス大学で歴史学の学士号を、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得しています。

R Halsey Wise

R. Halsey Wise

R. Halsey Wiseは2016年以来、当社の取締役会のメンバーです。Wiseは2010年に設立された民間投資企業であるLime Barrel Advisors, LLCの創設者兼CEOです。2019年4月以降、Wiseはインテリジェントソリューションとテクノロジー対応サービスの大手プロバイダーであるCerner Corporation(NASDAQ: CERN)の取締役会のメンバーでもあります。同社は、臨床医の治療に関する意思決定をサポートし、日々の収益関数と社員の健康の管理の面で組織を支援することによって、あらゆる規模のヘルスケア組織の臨床、財務、および運用のニーズをサポートします。2019年以降、人類の健康を推進する民間の医療情報テクノロジー企業であるWellSky Inc.の取締役会のメンバー、および民間のグローバル投資企業であるTPG Capitalのシニアアドバイザーも務めています。彼は2014年3月にヘルスケアテクノロジーのパフォーマンス向上のための民間企業であるMedAssets, Inc.(旧NASDAQ: MDAS)の取締役会に加わり、2015年の2月以降、2016年1月に同社がPamplona Capital Managementによって買収されるまで、会長兼CEOを務めました。また、2017年の12月から、ヘルスケア業界に焦点を当てた分析主導型の支払いソリューションのプロバイダーであるCotiviti Holdings, Inc.(旧NYSE: COTV)の取締役になり、その後同社が2018年8月にVerscend Technologies, Inc.によって買収されるまで務めました。2006年9月から2011年12月まで、マーケティングテクノロジーおよびサービスプロバイダーであるAcxiom Corporation(旧NASDAQ: ACXM)の取締役を務めました。2003年から2010年にかけて、工学および地理空間ソフトウェアのグローバルプロバイダーであるIntergraph Corporation(旧NASDAQ: INGR)の会長、社長、およびCEOを兼任しました。Intergraphでのポストに就任する前は、Solution 6 Holdings, Ltd.の北米担当社長兼CEO、およびソフトウェアおよびサービス企業であるComputer Management Sciences, Inc.(旧NASDAQ: CMSX)の社長兼COOでした。後者は、後にComputer Associates International, Inc.(現在のCA, Inc.)によって買収されました。Computer Associatesにおいては、グローバルプロフェッショナルサービス向けの北米担当ゼネラルマネージャーを務めました。それ以前には、Robinson-Humphrey Company(Smith Barneyの子会社)において、ソフトウェアおよびサービスに特化した投資銀行業務に従事しました。Wiseはノースウェスタン大学で修士号を、バージニア大学で学士号を取得しています。Wiseは現在54歳です。私たちは、Wiseがその他の公共企業における取締役会のメンバーとしての経験と、広範な経営管理の経験を含め、当社の取締役会のメンバーとなる資格があることを確信しています。