APAC Japan
Card image cap

APAC Japan

October 29, 2019

ウェビナー(日本語)- Aspen Polymersによる逐次重合モデルの紹介

Aspen Polymersを活用し逐次重合モデルを構築できます。実験データから反応速度パラメータを回帰し、バッチ/連続重合シミュレーションでポリマー物性を予測します。 モデルを活用することで、実験回数の削減、運転条件の最適化検討が可能となります。

Live Webinar
Card image cap

APAC Japan

November 27, 2019

ウェビナー(日本語)- Aspen Plus晶析モデルと活用事例の紹介

Aspen Plusのバッチ晶析モデルについて紹介します。速度論型の核生成/成長モデルを考慮することで、蒸発晶析や冷却晶析、貧溶媒晶析など多種に渡る晶析プロセスを取り扱うことができます。本モデルを活用することで、バッチ晶析プロセスにおける実験回数の削減、運転条件の最適化検討などが可能となります。

Live Webinar
Page 1 of 1